PowerShot G16

Flying horse -My most impressive horse-



f0052971_11491622.jpg









都内散歩の途中ですが、

昨日出かけたお馬に関する情報をお知らせしたいので、

本日2回目のエントリーです^^




出かけたのは東京競馬場。

といっても競馬をやりにではなく、競馬博物館の企画展を観たくて。


その展示は

"前略ディープインパクト様 ~関係者からDEEPへの手紙~"

という企画展。




彼が現役で走っていたのは2004年12月の新馬戦から2006年12月の有馬記念まで。

2年間でしたが名前の通り衝撃的な馬でした。


競馬が好きではない人も彼の名前を聞いたことがあると思います。

そんな彼が生まれた時から今の種牡馬生活に関わる皆さんから手紙を送られて、

というシチュエーションの展示です。



一頭の馬にどれだけの人がどんな想いを持ち関わっているかを感じることができると思います。


f0052971_11510155.jpg



f0052971_11500306.jpg



f0052971_11522620.jpg



f0052971_11491369.jpg

DEEPが勝ち得た盾や馬着。

懐かしい...。





わたしの中でDEEPと言えばこの人と思う方が2人います。

1人目は厩務員の市川さん。

当たり前ですが、

毎度DEEPを観に出かけたレースのそばに市川さんがいらっしゃいました。

わたしの目には、温かく見守るDEEPのお父さんのように見えました。

f0052971_11522613.jpg



f0052971_11522553.jpg



もう1人目はジョッキーの武豊さん。

こちらも当たり前ですが、

毎度DEEPを観に出かけたレース鞍上にいらっしゃいました。

このコンビは互いを信頼合うパートナー関係があるなと感じていました。

f0052971_11522686.jpg



f0052971_11540440.jpg

国内で行われたDEEPが出る重賞レースはすべて出かけたので、

豊さんの表情をレース前、レース後とみることができました。


1レースごとに厳しいプレッシャーと勝利の安堵感を感じることができました。





生まれたころからの引退までの展示のほかにも

種牡馬としても成功している彼の功績を知ることができました。

f0052971_11540643.jpg



f0052971_11540514.jpg

写真の道具入れ。

ディープインパクトの名前がありますが、ここには秘密があるんです。

知りたい方は、ぜひ展示をご覧になってくださいね。




こんなのんびりした様子も^^

f0052971_11540501.jpg


f0052971_11503564.jpg








そしてDEEPに宛てて手紙を書くことができました。

当然わたしも^^

f0052971_11540609.jpg
f0052971_11540499.jpg



巷は3連休が多いと聞きます。

今日もやってますが、競馬開催日は競馬場への入場料\200が必要です。



明日は祝日。

通常は月曜が休館ですが開館しているとのことです。

明日は競馬開催日ではないので無料で展示を観れます。



彼の展示のほかにも競馬に関する展示がたーくさんあるので

ぜひお出かけになることをお勧めします。



写真撮影やSNSへのUPはOK!!

フラッシュや三脚使用、展示をご覧の他のお客様への迷惑行為は当然NGなのでご注意を。








彼の現役時代の様子です。

ポジ(一眼レフ使用)で撮ったのを急いで拾い集めたのでこのくらいで...^_^;



-2006年 天皇賞(春)(JRA京都競馬場)-

f0052971_15454912.jpg

f0052971_12341207.jpg

f0052971_12341275.jpg





-2006年 宝塚記念(JRA阪神競馬場)-

凱旋門賞に出発する前のレースなのでこんな応援の様子もありました。

DEEPも豊さんも泥だらけでした。

f0052971_12285410.jpg

f0052971_12292544.jpg

f0052971_12355172.jpg




-2006年 ジャパンカップ(JRA東京競馬場)-

f0052971_12392488.jpg

f0052971_12392439.jpg

f0052971_12392455.jpg





-2006年 有馬記念・引退式(JRA中山競馬場)-

f0052971_12410993.jpg

f0052971_12410957.jpg

f0052971_12411012.jpg

f0052971_12411024.jpg

f0052971_12410970.jpg












お越しいただきありがとうございます。

jin


トラックバックURL : https://jinsnap.exblog.jp/tb/28203838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2017-10-08 15:15
こんにちは♪
私は、競馬ファンでは、ありませんが
ディープインパクトは、有名なので聞いた事がありますよ(^-^)
大阪で働いていた時の同僚が馬に乗るため
京都の競馬場へ通っていたのです(^o^)
仕組みは、よく分かりませんが、馬の世話をすると
当時は、安価に馬に乗れたそうです!?
どういう馬なのかは、よく分かりませんが!!
馬に携わる方たちの熱い気持ちが素晴らしいですね(*^^*)
今日の記事、感動しました☆
Commented by rinkatuu at 2017-10-08 16:32
名馬ですね
それぞれ心に思う馬
自分はオグリキャップです^^
Commented by jinsnap at 2017-10-08 18:58
> アリス さん
いつもありがとうございます。
ディープインパクト、ご存知でしたか。
京都競馬場には乗馬センターがあるのですが通われていらっしゃったのかな。
馬を華麗に操る馬上の人に憧れます。
馬という生き物にかかわる人たちが沢山いらっしゃいます。
それぞれにいろいろな想いを持っていらっしゃるのが、今回の展示でよくわかりました^^
Commented by jinsnap at 2017-10-08 19:00
> rinkatuuさん
いつもありがとうございます。
おお、オグリキャップですか、いろいろと伝説を作ってくれましたね。
そして感動を与えてくれました。
競走馬のぬいぐるみにもなりましたね。
北海道で真っ白になった彼に会いました^^
彼も社会に影響を与えた名馬ですね。
Commented by a-ki_la at 2017-10-08 22:08
国内全戦、出かけたのですか?!
フイルム撮影とは驚きです...どのお写真も臨場感たっぷりで、心拍数上がりますね^^
ワタシも若い時に仕事で偶然競馬に縁が出来て以来、
断続的に競馬を楽しんできましたが、特定の馬への思い入れはなく...
ただ、デイープは今見てもイケメンですね。
難しい馬だったと聞いたことがあります。
背に乗るというよりもフワッとたてがみに留まる蝶のような
武騎手の騎乗もホントに美しい。

博物館は東府中から歩いて競馬場入りしないと、他のアクセス方法ではゲートから
ちょいと離れた場所にあるからか、もう十年以上行っていません。
東京で開催されてる期間中はやってるんですね。久しぶりに行ってみようかな♪
ラストのお手紙のイラストも可愛い♡
Commented by jinsnap at 2017-10-08 23:03
> a-ki_laさん
いつもありがとうございます。
国内のG1(数字じゃない方ね。)はすべて行きました。
フランスは残念ながら出かけることはできなかったんですが、友人が出かけレーシングプログラムをお土産に頂きました^^
競馬はナリタブライアンより前からハマっていて、毎週行っていたほど。
特にディープインパクトは衝撃的なことが多くて今も印象に残っています。
豊さんとは良きパートナーという感じで市川さんも加わっての3ショットがレース後の恒例に思えました。

ぜひぜひ競馬博物館へお出かけになってください。
生まれてからの彼の様子もいろいろと知ることができると思います。
Commented at 2017-10-09 14:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinsnap at 2017-10-09 20:06
> 鍵コメ 14:48 さん
いつもありがとうございます。
え~、そうでいらっしゃいましたか。
わたしの知り合いにもそうしていらっしゃった方がいて、朝が早かったり、相手が大きかったりで大変であることを伝え聞いておりました(知り合いの本人は、大好きなことなので全然大変とは思っておりませんでしたけどね)。
わたしが初めて出会い惹かれたのが東京競馬場の乗馬センターに当時いたトウショウファルコ号に初めて触れた時。
今でもウチのリビングに当時の頃のわたしとカミさん、ファルコが写った写真を飾っています^^
あの温もり、今も忘れられないですね。
そのファルコ、競馬場の誘導場の役目を終えた後は根岸の馬の博物館で生涯を終えました。
ファルコは競走馬としての成績だけでなくその容姿からファンも多く、沢山の方に愛された馬でした。
コメントをいただけたことで、ファルコのことを振り返る機会をいただけました。
ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jinsnap | 2017-10-08 13:00 | PowerShot G16 | Trackback | Comments(8)

馬と写真が好き。主にコンパクトカメラ(カテゴリーを観てね)でのsnap shotをAdobe Photoshop でリサイズ、レタッチしてUPしてます。


by jin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31